「そばを楽しもう♪」vol 11 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

──────────────────
新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
──────────────────

そばの最大の敵は時間です! が合言葉の
そば富泉 店長の高橋です(^^;) 

富泉メルマガをご愛読頂きありがとございます。

はじめてメルマガをご覧になられる方、
細く長くのお付き合いをお願いします m(_ _)m

■□ メルマガ愛読者様限定プレゼント発表 □■

12月の「 あんかけそば 2人前 」
にたくさんのご応募ありがとうございます。

====それでは当選者様の発表です~!======

    「 横尾様 」「 出嶋様 」です。

       おめでとうございます☆

当選者様には担当の高橋より直接メールにて
ご連絡いたしますので、お楽しみにお待ち下さい。

=========================

残念ながら今回は当たらなかったあなた!

今月も実施いたしますので、
あきらめないでくださ~い ^^;

詳しくは本文にて。

皆様のご応募をお待ちしております。

それでは、今回も元気にいってみま~す!

——————————————————–
お客様専用レシピのIDとパスワードは本文中にございます。
是非、最後までお付き合いくださいね(^^*)
——————————————————–

メルマガの解除・アドレスの変更方法につきましては、
巻末に記してございます。

★☆★☆★☆★☆★今回のお品書き^^★☆★☆★☆★☆

 □■ お品書き1 ■□

● 手打ちの蕎麦と機械打ちの蕎麦の違い part 1 ●

いわゆる麺としての蕎麦が
成立した時(江戸時代)の製法は「 手打ち 」

昭和の時代を代表する製法は「 ロール式麺機 打ち 」

そして、現在では・・・・

 □■ お品書き2 ■□

● メルマガ読者様限定 プレゼント ●

今回のプレゼントは・・「 ○○○そば 」です。

 □■ お品書き3 ■□

● 1月の月替わり送料無料セットの販売を開始しました! ●

今月の1日・2日・3日とお休みを頂いておりましたので、
発売日が遅くなりました。

本年もそば屋の味をお楽しみ下さい!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 □■ お品書き1 ■□

● 手打ちの蕎麦と機械打ちの蕎麦の違い part 1 ●

蕎麦がいわゆる「 麺 」としての形で登場するのは
江戸時代からとされております。

機械などない当時はもちろん「 手打ち 」でした。

明治になると機械式麺機(ロール式)が
発明されました。(佐賀県出身の真崎照郷氏による)

ところが、このロール式麺機は
手回し式の為、動かすのに大変労力が必要だったことと、
高額だったことから、中々普及しなかったようです。

昭和に入るとさらに便利なモーター式のものが開発され
ほぼ現在の「 ロール式麺機 」と同じ形になったようです。

さて、本題です (^^*)

「 手打ち 」と「 ロール式の機械打ち 」

単純に考えると、

手で打ったか、機械で作ったかの違いだけでしょう~

と、思われるかもしれませんが、それだけではないんです!

「 そば粉 」と「 水 」はまったく同じものです。

一体何が違うの~?? ということになりますが、

「 蕎麦を作るときの水の量 」が決定的に違います。

手打ちで作る場合の水量が
1kgあたり 約450cc

に対して

機械打ちで作る場合の水量が
1kgあたり 約300cc

この水量の「 差 」を埋めるのは・・

「 圧力 」なんです。

手打ちの場合は、麺棒を使い、人の力で徐々に伸ばすので、
急激な圧力がかかることはありません。

ですので、粉に多くの水を含ませないと
延すことが出来ません。

ロール式の麺機は2つの円柱形のロールの間に
麺体を通して延していきます。

機械なので、決められた幅にきちんとプレスします。

– 間違って指でも挟んだ時には・・・・ ^^;; –

機械の力というのは凄く強くパラパラとした粉の状態でも
プレスして、板状にすることができるんです。

その結果、どのような違いが出てくるかといいますと・・

話が長くなりますので、続きは次号のメルマガで!!

お楽しみに~~

 □■ お品書き2 ■□

● メルマガ読者様限定 プレゼント ●

今月も読者様の中から抽選で2名様にプレゼント実施します!

今月のプレゼントは「 とろろ蕎麦 2人前 」です(^^*)

プレゼント応募・詳細は下記の応募フォームよりどうぞ

https://ssl.shopserve.jp/-/tomisen.com/enq/enquete.cgi?PAGE=2&SHOPURL=

※上記のURLをクリックしますと、パソコンの設定によっては、

「このページにはセキュリティーで保護されている項目と
 保護されていない項目が含まれています。」

と、出てくる場合がありますが、
「 はい 」をクリックして表示して下さい。
(応募フォームはSSLのセキュリティーがかかったフォームになりますので、
 どうぞ、ご安心してご応募下さい)

たくさんのご応募お待ちしておりま~す (V^-°)

【 お客様専用レシピコーナー 】

http://www.tomisen.com/menu/

※ご覧いただくには、IDとパスワードが必要です。

「 ID ***** パスワード ***** 」

 □■ お品書き3 ■□

● 1月の月替わり送料無料セットの販売を開始しました! ●

1月の【 月替わり送料無料セット 】は・・・
   

「 辛味大根おろしそば3人前 1,950円 」

          +

「 鳥南蛮そば3人前 1,740円 」←参考価格

          +

     「 送料 500円 」

 合計 通常価格 4,190円のところ

ちょっとだけお年玉~ ということで、

「 ドド~ンと1,190円値引き 」の

「 全国一律送料込み 3,000円 」でお届けいたします。

 ■□ 辛味大根おろしそばの内容 □■

そば3人前・こだわりの汁3人前
・辛味大根おろし3人前
(もちろん直ぐに食べれる状態におろしてあります♪)

   ■□ 鳥南蛮そばの内容 □■

そば3人前・こだわりの汁3人前・出汁パック
・鳥の胸肉3人前(カットしてあります)

○鳥南蛮は、つけ汁の鳥汁せいろとしてもお楽しみ頂けます!

ご注文・詳細は下記のURLからどうぞ。

http://www.tomisen.com/SHOP/033.html

ご利用心よりお待ちしております m(_ _)m

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●店長の編集後記●

読者の皆様、改めまして、新年明けましておめでとうございます。

今年も、どうぞ宜しくお願いします。

大晦日には年越しそばをお楽しみ頂けましたでしょうか。

また、富泉の年越しそばで多くの皆様に
お楽しみ頂けました事、
本当に有り難く、感謝の気持ちで一杯です。

年末の28日・29日・30日の3日間の睡眠時間は
トータルで5時間というハードスケジュールでしたが、
皆様からの温かいお声に、すっかり元気一杯の店長なんです 笑

大変嬉しい忙しさでしたが、日頃から運動不足の私 ^^;

31日には、足が攣って、眠れないくらいでした。

そんなわけでして、今年の年越しには、もっと体力をつけて
仕事に向かわなければと年の初めに思ったわけです。

今年の目標は、体力作り!

こんなこと言って大丈夫なのかあ?? 店長 ^^;;

でも、やっぱり仕事の基本は健康第一。

少しずつ、取り組みたいと思っております。

あなた様はどんなことを年の初めに思いましたか?

今年一年が、あなた様にとって素晴らしい年になりますように・・

今号も、最後まで読んで頂きありがとうございます。

私はもちろんのこと、スタッフ一同日々努力を惜しまず、
皆さんに喜んでいただき、愛される「 富泉 」を目指し続けます。

その為には、富泉の独りよがりでは成り立ちません。

お客様の厳しい意見や、温かいお言葉に
育てられていただくものであると確信しております。

是非、皆様のお声をお聞かせください(^^)

↓ご意見・ご感想はこちら↓

https://cart.shopserve.jp/-/tomisen.com/FORM/contact.cgi

今後とも細く・長くお付き合いの程、よろしくお願い致します。

【解除・アドレス変更について】

http://www.tomisen.com/SHOP/mailmag.html

お手数ですがメルマガのアドレス変更・解除は、
上記のURLをクリックして、「ご自身で」お願い致します。m(__)m

Categories: 2007, メルマガ

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル