そば屋の命 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

そば屋だから、蕎麦は勿論ですが
それと同じくらい、か それ以上なのが
そば汁です。

朝仕事場に来て・・

釜に火をつけることから一日は始まります。

そば釜いっぱいのそば汁を取りますが、
開店寸前までかかります。

このそば汁を取る作業は
夏と冬では、時間に違いが出ます。

釜に溜めた水温がかなり違う事で、
お湯の沸く時間が違ってきます。

更に夏と冬では、2番出汁を取る量も違います。

冷たい麺の場合は、出汁を使わないので
夏は、出汁の量も少なくなり
ググっと時間は短縮されます。

短縮された時間ですが、
冷やしものの刻みが増える分
プラスマイナスゼロになっちゃいます(^_^;)

そば屋の命である『そば汁』を取る作業
有り難い事に、少しずつ進化しています。
鰹節の進化により、朝の作業工程が簡素化されて
能率良く仕事が出来る様になりました。

そば屋の命と書きましたが、大袈裟ではなく
これがないと商売にならないのです~

バブルの頃、朝取った釜いっぱいの汁が
汁カン(業界用語で汁がゼロになる事)になると
店を早仕舞いしてました。

蕎麦はどうにか作れますが
釜を使わなくてはならなかったり 時間がかかることで
それ以上どうにも出来ないということなんですね。

ですが、色んなものがどんどん便利になっていく世の中
『汁カン』死語になりつつあります!


posted by そば富泉

Categories: そばネタ

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル