新しいからって良いってものではない~ : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

かも南蛮の鴨肉を焼くのに使っているフライパン 😛
開店以来使っています。

10年です。
いよいよフライパンの中央に亀裂が入ってきて、今にも穴が開きそうな状態です。

暮れに、 
年越しそば「かも南蛮」を大量に作るのに備えて、新しいフライパンを購入してたんです。
初めはこんなにピカピカだったんだぁ~  
と、新しくって綺麗なフライパンを見て喜んだんですが、
喜びもつかの間

あれ! 変 😯

使ってみると、新しすぎて上手く焦げ目がつかないーーー
しかも食べても美味しくない~泣 😥  なんということでしょう。。。
新しいフライパンを買ったにもかかわらず、
これではイケナイと、今までのフライパンで作りました^^;

亀裂が入っているけど、使い込んだフライパン!
こっちの方がやっぱりいいんですねぇ~

道具って、そうなんですよね。

そば釜も
初めの頃は馴染まずに、苦労しました。
そば釜で作る「そば汁」にとても影響してたことが、凄くわかるんです。
やっと馴染んできた気がします。

という事で、亀裂の入ったフライパン、まだまだ活躍中です :mrgreen:


posted by そば富泉


IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル