そばと出前の考察 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

出前=宅配=デリバリー

現在では様々な業種が進出し、
いろいろな形でお客様の元へお届けしていますが、

日本においてそのルーツといえばやはり

そば屋

江戸時代から始まったとされる出前は
最初、ご近所さんに歩いて運ぶスタイル。

それから時代がすすみ、昭和になると
自転車でのお届けが一般的となり、

いわゆる「 出前機 」が発明されるまでは、
自転車に乗り、肩に担いで運ぶスタイル

↑ですね ^^;

出前機が発明されると、後部の荷台部分に設置して運ぶようになり、
少しずつ時代が流れて、スーパーカブなどのバイクに
出前機を設置して運ぶ現在のスタイルになりました。

その間に現れたピザ屋さんの屋根付き3輪車は
はじめて目にしたときは衝撃的でしたが、
現在では、そば屋も利用しているところがありますよね。

さてさて、今後50年、そば屋の出前スタイルや
他の飲食店の「 足 」がどのように変化していくことが
予想されるかといいますと、

答えは、現在の富泉にあるような気がします。

軽自動車

そして近い将来、今までは一人前、もりそば一枚でも
お届けしていたそば屋もそれが出来なくなると思います。

ガソリン代、仕入れ値の高騰、人材不足、
どれも、厳しい現状ですので。

例えば、2キロ先のお客様までお届けするということは、
そば屋の出前は往復の往復(回収)ですので、
合計8キロ走るわけです。

ガソリン代が、108円くらいの数年前から比べると
だいたい42円くらい一リットルあたり値上がってますので、
例えば500円くらいのたぬきそば、ひとつをお届けするとなると、
そうとう厳しい現実です。

最近は出てきているようですが、
使い捨て容器での出前も主流になるかもしれません。

どういう近未来像かというとですね、

おそらく配達時の最低賃金は
現在のピザ屋さんや、宅配すし屋さんと同レベル、
またはそれ以上から。

配達は軽自動車。

配達が軽自動車なのは、人手不足。

若い衆が、これから先は年々深刻な不足状態になり、
甘やかされていますので、過酷な労働条件下では働かなくなります。

どうしたら、運んでくれるスタッフを確保できるかというと、

答えは

年配者に軽自動車で運んでいただく。 です。

そば業界だけではなく、
デリバリーを主体とした飲食の宅配業を営むものであれば、
ここは早くに気がついて転換していかなくてはならないと思うのですが。

このままいくと、配達のアルバイト代ばかりが
ひとり歩きして高騰を繰り返し、(一番経費のかかる部分です)
どんどん首をしめる形となるのは間違いありません。

しっかりと考えて先に進みたいものですよね。


posted by そば富泉

Categories: そばネタ


2 件のコメントがあります ^^*


  1. えむ より:

     こんばんは。
     今回のお話。とても考えさせられました。
     実際、デリバリーの時給は、900円が最低ラインと言った感じです。
     仮に900円の時給で、1時間に4往復するとしたら、1出前200円強のアルバイト経費と言う計算ですよね。確かに大きいと思います。
     これが、通販の場合送料は高くなりますが、通常なら別途なので、経費と言う意味では掛からなくなりますね。

     これが、もし、デリバリー専門のアルバイトではなく、のれんわけ希望で、蕎麦屋の修行と言うスタンスの方なら、また違うのかもしれませんが…。

     実際、蕎麦屋というのも、後継ぎが少ないようで、昔からある店がどんどん無くなっています。
     近所でも、気が付いてみると2軒ほど閉まってしまいました。

     こうした事から、ファミレスのような所でしか、そばが食べられなくなってしまうのかと…ちょっと焦りますね。

     あ、富泉さんの通販そばがありましたね。
     ただ残念なのは、蕎麦湯がうすい…(^^;)

    Ps.認証キー↓。面白いです。これからもがんばってください。

  2. とみせん店長 より:

    >えむさん、こんばんは ^^*

    毎度コメントありがとうございます。

    おっしゃる通り、デリバリーのバイト君の最低賃金の
    ボーダーがどんどん上がって最低でも900円。
    1000円越えは当たり前という感じになってきました。

    そして、高い時給になっているわりには、
    ちょっと辛いと投げ出す始末 ^^;

    ほんの7~8年前までは少々自給が安くても、
    冬の雨降りで辛くても、頑張って続けてくれたものですが・・

    少子化に伴う痛みがこんなところにも出ている気がします。

    私がバイトしていた青春時代 笑
    は、自給が500円。

    バブル期に入っていて、めちゃくちゃ忙しく、
    しかも、世代的に人数も多いので、
    かなり雑に扱われました。

    現在、当時より物価が倍も高くなったはずもなく、
    今の子は倍の自給で半分の仕事もしないのが当然。

    しかも辞めてもらっては困るから
    企業も個人事業の店でも
    ネコネコして、変な方向にかわいがるのみ。

    これでは、若い子も育たないし、
    いつまでも、持続することが身に付かないです。

    そして、小さな商店には人が(若)入らなくなっているのも現実です。

    小さな店のオヤジとしては、時代の流れを変えるほどの力も無く、
    時代に合わせてどう生き残っていくのかを
    考えるしかないですよね ^^;

    でも、そば屋は無くなりませんよ。きっと。

    この先10年で激減するとは思いますけど。

    川口市のそば屋だけで、この10年何十件と減ってますし。

    富泉も生き残りをかけて頑張りま~す  😉

    そうそう、以前アドバイスいただいたコメント付近の英語ちゃんたち
    たぶん直ってますよね??

    プラスして、スパム用の認証用の足し算いれました 笑

    ワードプレスカスタマイズ記録でも残しておかないと
    あれこれとわからなくなっちゃいますね。。

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル