そばの食べ方の考察 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

いわゆる
そば通
と言われる、または自負される方に多いのが

蕎麦の食べ方の講釈。

最初はそばだけ食べて、
その後、ちょこっとそば汁につけ食べて・・・

なんていうパターン。

まあ上はほんの一例に過ぎませんが。

はっきり言うと、個人差はありますが、
そんな食べ方したら、ちっとも美味しくない場合もありますし、
美味しいと思うときもあるでしょう。

蕎麦の種類や汁の濃度、
食する方の体調や、様々な要因があるので、
こう食べなければいけないというのは本来ないような気がします。

確かに藪系のそば汁などは辛口ですので、
どっぷりとつけて食した場合は美味しく感じないでしょうけど、
味が濃いのが好みの方もおられますので、
こうだ!っと決め付けるわけにもいきません。

蕎麦の食べ方で大切なのは、

誰かがこう言ったから

とかではなく

自分が美味しいと感じる食べ方

で食すのが本当の「 通 」だと思います。

立ち食いそばで、こうやって食べるのが美味しいんだよ~

とかも、その店の中での自分の美味しい食べ方であり、
誰に遠慮することもありません。

本当の通って、そういう食べ方(自分なりの)を
楽しんでいる人だと思うのですが、どうでしょう  :mrgreen:


posted by そば富泉

Categories: そばネタ

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル