これはちょっとひどい・・涙 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

まずはちょっと比較してみてください ^^;

↓富泉の「 手作りうどん 」商品ページ説明

美味しいうどんには熟成が必要ですが、
食べるのにはやはり美味しいタイミングがあります。

冷凍めんが普及したため、
ご家庭でも美味しい生めんが食べられるようになりました。
それでも富泉としては、「うどん」は生き物と考え、「 生 」にこだわります。

うどんは生き物ですから、
季節によって水加減や、熟成の時間を変える必要があります。

うどんは熟成することによって、旨みが増します。

しかし、うどんは熟成することによって水分が表面に出て来ますので
通販で生めんを扱う場合には、
やはり水分をコントロールする必要があります。

通販という特別な販売方法では、
時間のことを考えながらすべてを決める必要があります。

通常の販売と違い、時間という目に見えない壁がありますので、
通販・出前専門店の経験とカンが決め手になります。

うどんもそばも生き物ですから、
毎日真剣に向かい合って、各々の声を聞いております。

通販・出前専門店の季節季節に合わせた、
ご家庭で食べ時のうどんを是非ご賞味下さい。

そして↓がとある、そば屋さんの商品説明

美味しいうどんには熟成が必要ですが、
食べるのにはやはり美味しいタイミングがあります。
冷凍めんが普及したため、
ご家庭でも美味しい生めんが食べられるようになりました。
「うどん」は生き物と考え、「生」にこだわります。

うどんは生き物ですから、季節によって水加減や、
熟成の時間を変える必要があります。
うどんは熟成することによって、旨みが増します。
そばと違い挽きたて打ち立て湯がきたての
打ちたてのまえ麺体にして熟成をとる時間が必要です。
タイミングがいのちです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これってちょっとひどくないですかあ  👿

物事には許せる範囲と、そうでない範囲があります。

実は、他にもそれらしき部分がありました。
少し修正されたようですが、
これはあきらかに、そのままコピペ。

この文章作成には私だけでなく、
いろいろと協力してくださっている方もいるので、
その方にも本当に申し訳ない気持ちになります。

これは富泉だけの問題ではなく、
こういった、いわゆる「 パクリ問題 」は以前からありますが、
もうちょっと人としての道徳観をもって商売してほしいものです。

本当はこういった内容はあまりブログなどでは
書きたくなかったのですが、あまりに酷いので・・・・


posted by そば富泉

Categories: お店情報


2 件のコメントがあります ^^*


  1. えむ より:

     こんにちは。しばらくぶりです。
     相変わらずと元気にお仕事されているようで、とても良い事だと、日記の方拝見させて頂いております。

     さて、この記事の対照ですが、しっかり検索サイトのキャッシュに残っていますね~(笑)
     現在は準備中となっているようですが、一時期は公開したと言うことですね。

     しかし、あからさまに真似しすぎでしょう。
     顔写真まで在るのに大胆不敵というか…(^◇^;)。
     ま、現在準備中ということは、何かあったのでしょうね。

     私も、オークションで出品もしていますが、何回か真似をされた文面を見かけました。
     やはり、気持ちのいいものでは在りませんね。

     

  2. とみせん店長 より:

    えむ様、

    いつも、日記を見てくださってありがとうございます。

    お見せするのもお恥ずかしい内容ですが、
    今回のネタはちょっと私自身も反省です ^^;

    確かにキャッシュにも残っちゃいますよね~

    本当はお相手の方は同業者ですし、
    あまり攻撃的なことは避けたかったのですが、
    ちょっと熱くなってしまいました。

    今回のような問題はネットでは良くあることですが、
    完全なコピーだったので・・・・

    いつになくヒートアップしてしまいました 反省・・

    >私も、オークションで出品もしていますが、

    そうでしたか。オークションに出品されているんですね。
    しかも文面をマネされたこともあるんですね 🙁

    おっしゃるとおり、気持の良いものではありませんが、
    まあ相手を信じ許し待つとしておきましょう  :mrgreen:

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル