そば屋回帰 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

最近、新規出店のそば屋さん、
または、一連の手打ちブームで手打ち一色に
変貌を遂げた、そば屋さん達。

私の知っている限り、苦戦されているところが
わりかし多いような気がします。

苦戦される理由の一番は、
手間暇かけたわりにはお客様が少ない。

次に効率が良くない。

と、大きくはこんな感じでしょうが、
それはそうだと思います。

店の主人ひとりが手打ちで営業では、
いずれ体に負担がかかってくることは目に見えますし、
人を雇うにも人件費は高く、募集しても入ってこない ^^;

これって、時代はまわっているんだと思うんですよ。

江戸時代→明治→大正と移り変わるにつれ、
徐々に機械打ちのそばが主流になりました。

昭和になると、ほとんどのそば屋さんが機械打ち。

時代が平成になり、また回帰して手打ちブーム。

が、営業的にうまくいかず。。

手打ちそば。
上手が作れば美味しいです。

が、名人とうたわれるひとが果たして数年で
そのようになったとは考えられませんし、
また、そうなる前のそばというのは
極端な言い方をすると「 商品 」と呼ぶには
本来はふさわしくない気がします。

機械打ちのそば。
これも上手が作れば美味しいです。

下手な手打ちよりもうまい。

そして営業効率も良い。

昔の人が何故手打ちの技術を捨て、
機械打ちに変化したか。

もちろん、様々な制約のもと機械化したこともありますが、
理由は効率化。です。きっと。

平成の手打ちブームののち、
きっと機械が主流の時代がくるのではないでしょうか。

まあ、これは憶測にすぎませんが  :mrgreen:


posted by そば富泉

Categories: そばネタ

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル