使えば良い言葉 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

そばを販売するのに良く耳にする言葉。

それは・・・

挽きたて

打ち立て

なぜ富泉では使わないのか?

だって、そんなわけないじゃないですか。通販で。

お届けまでに、だいたい1日かかるんですよ。

確かに挽きたてで打ちました。
確かに打ち立てで発送しました。

が、それはお店でこそ威力を発揮する味・香り。

1日経ったものは少なくとも、挽きたてでも打ち立てでもないです。

反論の余地はたぶんないでしょう。

本当に挽きたて・打ち立ての蕎麦と
通販で送るように1日たった蕎麦を食べ比べればわかります。

というか、本来そんな些細なことすらわからないのであれば、
そば職人や、製麺職人とは程遠いです。

ですので、富泉では通販に最適なそば。

ご存知の方もいらっしゃるかとお思いますが、
その最適なそばを作る為に試行錯誤しました。

ですので、誤解を招くような表現、
挽きたて・打ち立ては使いません。

お客様に正直に。これが富泉流。

なんだか、昨日のネタともつながる話ですが、
自分自身が流されてもいけないので、
改めて、日記に書き綴りました。

富泉は10年先もこのスタイルは変わりません。

そう宣言することで、ちょっとばかりのプライドと
お客様への正直さを忘れないように頑張っていきたいです  :mrgreen:


posted by そば富泉

Categories: そばネタ

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル