習慣の凄さ : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

いつもの場所、いつもの高さで、そばを作ることのありがたさ。

今日はちょっとした都合で、愛用しているそば鉢を
いつもの場所から移動して作りました。

場所が変わったことで、高さも5センチくらい変わりました。

たったそれだけのことで、感覚が違うものです。

粉を混ぜるだけの作業でも、手が入っていく角度が
微妙に違うので、最初はあれ?っという感じです ^^;

基本は同じ所作なので、動き出すと直ぐになれるのですが、
終わった後の疲れが違ってきます。

肩と腰がちょっと痛い  🙁

体制の微妙な変化で変な力が入るからでしょうね。きっと。

やはり、自分にあった「形」というものがあるものですよね。

「 弘法の筆を選ばず 」という言葉がありますが、
道具は選ばなくても、位置関係は重要かと思いますよ  :mrgreen:

な~んちゃって 笑


posted by そば富泉

Categories: そばネタ


2 件のコメントがあります ^^*


  1. モニカ より:

    一般的にキッチンの作業台の高さを出す方程式があります。
    (身長÷2)+5センチと言われてます。
    ちなみに身長160センチの人は85センチです。
    ところで、具合の良い蕎麦鉢を置く位置って何センチのところなんですか?
    興味あります。是非教えて下さい(身長も)

  2. とみせん店長 より:

    >モニカさん、こんにちは?こんばんは? かな ^^;

    蕎麦打ちの場合の一般的な目安は
    自分が起立して手を自然に下ろした状態で
    手のくるぶし当たりの高さが目安とされています。

    なので身長によって何センチかは違ってきますが、
    個人のクセもあると思うので、そこからプラスマイナス5センチくらいが
    おおよその高さになると思います。

    私は若干高めの方が良いです♪

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル