どこの蕎麦(そば粉)が一番美味しいかという考察 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

北は北海道から南は九州までそば粉は栽培されていますが、
じゃあ一体どこのそば粉が美味しいの?

っていう疑問はついてまわるかもしれませんね。

そもそも在来種っていうものが存在するのですが、
例えば「奈川在来」「戸隠在来」「大野在来」「出雲在来」などや
最近見つかった「野呂在来」なんていうものまで何種類もあります。

それに在来種(外国産含)をかけあわせ品種改良したものまで含めると
さらに蕎麦(そば粉)の種類は多くなります。

さてその中でどれが一番美味しいのか??

そんなのは答えが出るはずはありません。

個人による味覚の差。
年による出来具合。

お店の場合だったら、自分の舌で美味いと感じたものが
一番美味しい蕎麦ということになりますね  :mrgreen:

個人的に手打ちそばをやられる時も同じです。

そうそう、そば粉の種類だけではなく、
どの部位(挽きぐるみとか、更科とか)を使うかによっても
変わってきちゃいますね。

やっぱり結論としては自分で食べて美味しいと思った蕎麦が、
一番美味しい蕎麦ですし、
その蕎麦を作るのに使っているそば粉の産地が
自分にとって良い蕎麦の原料ということになります。

だから、そばを楽しもう♪

っていうことですね  😳


posted by そば富泉

Categories: そばネタ

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル