人柄マーケティング : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

「 売り物がないなら店主を売れ! 」

とは、昔から良く言われている商売の秘訣のひとつ。

な~んて、別に私が人柄良いわけでもないんですが  :mrgreen:

ただ、個人店が生き残るには必要なことなのかなと思います。

味が良いというだけでは、なかなかリピートされにくい時代ですし、
小回りの利かない大手では出来ないサービスの一つではないでしょうか。

比較的、そば屋のオヤジっていうのは、
一昔前までこの部分に長けていた気がするのですが、
ちょっと店が大きくなったり、ピノキオになったりで、
ちょっと忘れた感があるのも否めないのが現状なのかなと・・

小さなお店が、お客様に愛されるには、
やはり、その店の店主やスタッフの人柄も大きな要因です。

特に顔の見えない通販では、文章でのやりとりや、
HPでのコンテンツとして伝えなければならいないので、
難しい面もありますが、少しでも喜んでいただけるよう、
メールや、商品に愛情込めて接するのが一番なのかなと。

例えば、ネットショップで良く見かける
「 迷子メール 」なるもの。

ようするに、お客様のアドレス打ち間違いで連絡ができないのを
HP上でアナウンスしているやつですが、
これ、どうなのかなと思います。

お客様のご都合にもよるでしょうけど、
お電話して誠心誠意対応したほうが、吉と出ることのほうが多いと思います。

だいたいからして、なんだか馬鹿にされている気がしますし・・

中には、電話されるのが嫌という方もいらっしゃるかもしれませんが、
きちんとした対応さえすればだいたい大丈夫だと思います。

ネットショップという仮想空間の中とはいえ、
商売・お店ということに何ら変わりはありません。

小さなお店だからこそのサービス・対応こそが、
小さなお店が生き残れる秘訣なのかもしれませんね  😉

今一度、私自身も見つめなおして、
お客様に接しようと思います。

富泉以外にもたくさんの、小さなお店がネットには
累々と存在するわけで、その小さなお店一件一件が、
そういった温かみのあるお店になっていただくことを
心から願ってやみません。


posted by そば富泉

Categories: その他

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル