「 そばを楽しもう♪ 」vol 127。今月のプレゼントは・・ : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そばの最大の敵は時間です! ┃ http://www.tomisen.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━┛          
                      
    が合言葉の『 そば富泉 』店長 高橋です(^^*) 
    ご愛読頂きありがとうございます。

■+
+■
∞∞∞∞∞【今回の内容】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【1】今月のプレゼントは・・

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●ごあいさつ

台風18号・・・・・・

関東では午前中がピークのようですが、
このメルマガを書いている今がまさにその時 ^^;(AM 8:00)

雨が凄いと思ったら、今度は風・・

これから本格的に暴風域に入る地域の皆様も
いらっしゃると思いますが、
くれぐれもご用心くださいね。

それでは、ちょっとお時間くださいねぇ~(∩_∩)

■+
+■
∞∞∞∞∞【1】今月のプレゼントは・・ ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 

   ━━━━━━                 ━━━ 
                           +■■
         あんかけそば2人前          ■
   +                        +              
   ■         3組様へプレゼント♪
   ■■+                      
   ━━━                 ━━━━━━ 
 

▼あんかけそばのプレゼントは、下記の応募フォームよりどうぞ 

https://ssl.shopserve.jp/-/tomisen.com/enq/enquete.cgi?PAGE=5&SHOPURL=

※ご意見ご要望等々日常ネタでもなんなりと・・・
 お書き添えの上、たくさんのご応募お待ちしております (V^-°)

▼【 あんかけそば 】の詳しい説明はこちら

http://www.tomisen.com/SHOP/066.html

  ・∞∞・∞∞∞・∞∞∞・∞∞∞・∞∞∞・∞∞∞・∞∞・
  +                         
  ・ 6000円以上お買いもので送料無料となりますが 
  +        
  ・ 断然お得な『 月替わり送料無料セット 』なら   
  +                         
  ・ 3000円!!毎月中身が変わって楽しみも倍増~ 
  +                         
  ・∞∞・∞∞∞・∞∞∞・∞∞∞・∞∞∞・∞∞∞・∞∞・
 

▼毎月人気の送料無料セット!無くなる寸前ですが φ(.. ) 

ギリギリまだ間に合います・・ たぶん ^^;

http://www.tomisen.com/SHOP/033.html 

月替わり送料無料セットは、あんかけそばが入っています♪

■+
+■
∞∞∞∞∞【 店長の編集後記 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今回は製麺機のお話です。

そばを作る麺機も現在は様々な種類があり、

おおまかにわけると、3パターンあるかなと思います。

1.昔ながらのロール式麺機

2.手打ち風麺機

3.冷麺を作る時みたいに柔らかく練った蕎麦を押し出すように麺にする機械

さて、おおまかにはこの3つにわかれると思うのですが、
最初に見たときに一番衝撃を受けたのは、3の冷麺風そば作り機。

これは麺を切る作業と、茹でる作業がほぼ同時。

しかも、わりかし美味しい蕎麦が出来る。

ロール式麺機で普通に作った、
いわゆる【ばらがけ】の蕎麦に比べると数段上です。

現在は、立ち食いそば屋さんでも利用しているところがあるので、
その作り方を実際に見たこともある方も
いらっしゃるのでは ^^;

私がその作り方を初めて目にしたのが10年以上前だったような・・

まあ、良く考えたものです。

2の手打ち風麺機については、その性能が年々上がり、
現在は、ほぼ手打ちの麺といってもわからないくらいのレベルです。

たぶん、捏ねる作業を鉢でやって、
切る時だけ麺機を使えば完璧。

3のロール式麺機については、以前にもメルマガで触れましたが、
昔からあるスタンダードなもので、現在も町そば屋では主流の麺機でしょう。

ロール式麺機については、様々な作り方が出来、
ほぼ手打ちに近いものから、乾麺を製造する時まで幅広く利用できます。

ロール式麺機を使った蕎麦で
いわゆる、ばらがけの麺と手打ちに近い麺の製造工程での違いは、
作る時の水分と、板状に延ばしたそばを
2枚に合わせるかどうかの違いでしょう。

そうそう、手間も物凄い違ってきます。

そして、最後に現在の一番の流行はやはり、機会を使わずに手打ち蕎麦。

現在主流ですが、商売として続けていくのに生産性の問題、
体力の問題、その他様々な壁があると思います。

ちなみに20年前は、ほとんどの店がロール式麺機でしたけど。。。

さて、20年後は一体どうなっているんでしょうね・・

今号も、最後まで読んで頂きありがとうございます。

私はもちろんのこと、スタッフ一同日々努力を惜しまず、
皆さんに喜んでいただき、愛される「 富泉 」を目指し続けます。

その為には、富泉の独りよがりでは成り立ちません。
お客様の厳しい意見や、温かいお言葉に
育てられていただくものであると確信しております。
是非、皆様のお声をお聞かせください♪

Categories: 2009, メルマガ

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル