そば組合のお話 第?段 笑 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

さて、本日は久しぶりにそば組合のお話。

社団法人日本麺類業団体連合会(略称:日麺連)が設立されたのが、
昭和6年5月11日 ということだから、すでに78年の歳月が
流れてきているということになりますねえ。

昭和6年と言えば当然戦前なわけで、
その後、時代は様々な形で変わってきています。

この10年程を見ても、そば屋業界にとっては激変と言っても良く、
機械打ち~手打ちへと流行が変わり、
出前をやめて、店売りのみにすることころが本当に多くなりました。

時代の変化につれ、組合の存在意義も希薄になり、
脱退される方や、新規出店しても入会しない方が多くなりました。

そんな劇的変化を遂げている昨今、
組合も、時代に合わせて劇的に変化しているのかといえば
答えは ノー です  😐

何故、脱退される方が多かったり、新規出店の方が
新たに加入しないかというと、答えは単純で

メリットがないからでしょうね。

不景気のおり、毎月2,500円。
さらに、慶弔費なども各部で積立てたりするので、もうちょい+。

上記でだいたい年額 36,000円

そして、各都道府県とか市町村での違いもあるかもしれませんが、
新年会などは、参加しなくても半分の費用もち。

もひとつおまけに、社団法人などの付き合いは
半ば強制的にお金を徴収される 笑
(調理師会とか、交通安全協会とかですね)

さて、上記のデメリットに対して、メリットは??

正直に言うとほとんどないです 笑

コミュニケーションの中での情報がそれにあたるのかもしれませんが、
情報が簡単に手に入る時代ですので・・

あっ、年2回の保健所の検査だけはちょっとだけ楽かもです。

例えばコミュニケーションからの情報とかが必要であれば、
私の場合などは、色々とお付き合いもありますし、
勉強会?みたいなこともやっていました。(組合と関係のないところで 笑)

そちらの方が、遥かに有意義な時間を過ごせますし。

このような現状では、やはり先の見通しは明るくはないでしょうね。

さて、わたしはどうしましょう?

結論からすると、このままでは退会せざるを得ないでしょうね・・

国と同じことで、組織の上層部が根本的に変わらないと、
きっと何事もそのままなのでしょう。


posted by そば富泉

Categories: そばネタ

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル