「月替わり送料無料セット先行販売」 vol 175 : そばを楽しもう♪ - 通販・出前専門 そば屋の日常~仕事まで -

もくじ
 ◎3月の月替わり送料無料セットは!!
 ◎ご購入者様限定 特別プレゼント当選発表
 ◎新商品販売開始日時決定☆

━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3月の月替わり送料無料セット
━━━━━━━━━━━━━━━━

今月のセットは

「そば」も「うどん」も楽しめて

かも南蛮は「かも南蛮そば」にしてもよし、鴨鍋風にアレンジしてもよし

一味たぬきは「ちょっぴり辛いたぬきそば又はうどん」で・・

それとも、卵でとじて「たぬき丼」等々

作る方次第で色々とお楽しみいただけるセットになってます。

【 内容 】

  
  + かも南蛮そば 2人前    1640円
——————————————-

  + そばうどんセット 4人前  1800円
——————————————-
  
  + 一味たぬき 1袋(3人前)  220円
——————————————-
  
   送料込み「 4,060円 」のところ 
——————————————- 
                  
  = 「 3,000円 」送料無料でお届けいたします。
(手数料別) (沖縄・離島+400円) 

 メルマガ読者様に限り先行予約いたします。

今回よりご購入方法が少し変更になり、
先行販売はメルマガ読者さまのみが入れるページとなりました。

下記 入口のURLをクリックしますと
IDとパスワードを入力しませんとページが表示されません。
(完全なシークレット販売となっております)

▼ 入口 ▼ メルマガ読者さま限定ページ         
http://www.tomisen.com/SHOP/045.html

ID : tm
パスワード : soba

上記のIDとパスワードをご入力後、ご予約くださいませ!

ご予約につきましては↓

・到着日時をご指定くださいませ。

・日時指定無き場合は、1日より順次発送させていただきます。

・10日前後で完売する場合がございます。ご注文はお早めにどうぞ(^O^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご購入者様限定 特別プレゼント当選発表 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年3月から始まりました『お買い物でプレゼントご応募自動エントリー』 

          
▼check▼プレゼントの内容は専用ページにてご確認ください。
http://www.tomisen.com/hpgen/HPB/entries/294.html

10組名様にプレゼントです。
抽選会は2月28日になります。
ホームページにて発表いたしますので、ご確認くださいませ♪
お楽しみにお待ちください。

▼ログイン▼ ショッピング会員様はこちらからお買い物いただけます。
https://cart.shopserve.jp/-/tomisen.com/login.cgi

・会員登録いただきますと、お買い物の度にポイントがつきます。
・ポイントは1ポイント1円としてお使いいただけます。

━━━━━━━━━━━━━
◆新商品販売開始日時決定 
━━━━━━━━━━━━━

フランス産鴨フィレ肉を使って「 自家製の鴨つくね 」を作りました。

最初は鶏のつくねと同じ様に作ったのですが
鴨肉の風味を損なってしまい失敗・・

作り方を変えて試作品を作っては。。。何か違う

何度もこの繰り返しで、一向に商品として成立しませんでした。

鴨肉の臭みを消しつつ、鴨の風味を残したいと試行錯誤

ふとしたキッカケで、この2つの問題を同時に解消!!

これだー

思っていた鴨つくねにようやく辿りつき完成させることができました(´∀`人)

少々お時間が掛かってしまいましたが

3月の20日より正式に販売開始させていただきます。

※メルマガ読者様限定で3月10日より先行販売予定です!

 さらに先行販売特典としまして、4人前以上ご購入のお客さまに
 もれなく 1人前プラスしてお届けする予定です。

新商品の『 鴨つくねそば 』が多くの方々にお楽しみいただければ
作り手としてこの上なく嬉しい限りでございます。

他の商品同様どうぞよろしくお願いいたします。

★——————————————————★

「 店長の編集後記 」

そば屋の技術といえば・・
そばを打つことを想像されると思いますが、
きちんとしたそば屋ではもうひとつ特殊な技術があります。

それは・・

薬味切りです!

最近ではほとんどのお店が機械式、または手動式の
薬味カッターを使ったり、普通にまな板でトントンと
切っているところが多いと思うのですが、
妙技ともいえる技術があるんです!

口で説明するのが難しいので動画を撮影してみました。

下記のURLよりご覧いただけます↓
http://www.tomisen.net/2011/02/21/5479.html

薬味を綺麗に早く切る技術です。

※危険ですので、くれぐれもマネされませんように・・ ^^;

富泉では現在もリンク先のような方法で
毎日薬味を切っております。

ツヤツヤに仕上がって角が立ち、いい塩梅なんですー。

こういった先人の知恵とか技術というのは、
時代とともになくなってしまうものなのかもしれませんが、
蕎麦を打つという技術だけではなく、
プロのそば職人として、色々な技術を捨てることなく、
続けていきたいと感じている今日この頃です。

Categories: 2011, メルマガ

IE(インターネットエクスプローラー)バージョン8以下でご覧の場合、
コメント投稿欄表示に時間がかかる場合がございます

コメント(Facebook・Twitter・WordPressアカウントでもコメントできます)

  • このブログの記事を検索する

  • アーカイブ

  • ソーシャル